IMG_0006 2.jpg

IMG_0002 2.jpg




IMGP3131.JPG

IMG_0005 2.jpg

IMG_0015 2.jpg




IMG_0011 2.jpg

IMG_0006 2.jpg

IMG_0078.JPG

ニッポンの木と共生する

地域資源(県産材)に目を向ける

資源の乏しい日本の中で、森林は毎年増え続けています。資源として県産材に光をあてることで、持続可能な地域社会の構築に役立てる事が出来ます。資源として認知し、循環させていくことで、森林価値を高めていく事が出来ます。
江戸川ウッドテックでは積極的に国産材・県産材を取り入れ、また、活用されるように様々な分野での利用促進を目指しています。比較的木材を使いやすい床からニッポンの木を使う文化を創り出し、定期的に森林を利用していく仕組みを確立させることで、森林価値を高め、森で働く人を増やすができます。

地産池消の地域材(県産材フローリング・羽目板)

県産材に対応

江戸川ウッドテックではお客様のご指定された県の県産材を自社工場に運搬し、フローリング・羽目板に加工して提供する事が出来ます。

*対応できる地域
  北海道・東北地方・関東地方

気候にあった木材

古くから「自宅の建築には自分の山の木を使う」という風習がありますが、フローリング・羽目板も地域の木を使うことで良いことがあります。木は生き残っていくために、その地域の気候特性に適応して育っていきます。そのため、材にした後もその環境への適応性が高いのです。
家を建てる際、昔の大工の知恵として、山に生えていた木の陽の当たる方向と家の柱にしたときの陽の当たる方向を一致させることで、丈夫で長持ちする家が出来るというものがありました。木材にとって環境にあった使い方をすることはとても大切なことなのです。

*お客様のご依頼の県によって、採れる樹種が異なります。メール・お電話でご確認ください。